未分類

医療脱毛の痛みはどれくらい? 経験者のリアルな口コミをご紹介!

女性にとって美容の悩みは尽きませんが、特に気になることといえば「ムダ毛の処理」。毛が濃い、毛量が多い、何度剃っても生えてくる…。中でも、「VIO」や「脇」など毛が太く毛量が多い部位は、悩みを持つ女性が多いようです。皆さんも一度は、脱毛サロンやクリニックに通うことを考えた経験があるのではないでしょうか?

脱毛といえば、「医療脱毛」や「エステ脱毛」など、様々な方法があります。中でも「医療脱毛」は、医療機関でしか認められていない強力なレーザー光を使って脱毛を行うので、脱毛効果が高いと言われている方法です。一方でレーザーが強いほど刺激が強く、痛みを感じることもあるのだとか。実際に医療脱毛を考えている人の中には、施術中の痛みに不安を感じている人も多いようです。

医療脱毛の痛みには理由がある?

医療脱毛では、どのような方法で脱毛しているのでしょうか?
一般的には、レーザー光をムダ毛に照射する方法を採用しているクリニックが多いようです。このレーザーは黒色と反応して熱に変わる性質があり、皮膚の内部にある毛根などの発毛組織を破壊します。

よく「医療脱毛は永久脱毛が可能」と言われることが多いのですが、これは、一度破壊された発毛組織は再生しない性質があるため。また、レーザー光は黒色だけに反応するので、肌に強いダメージを与えるようなことはないそうです。

ところで、「医療脱毛は痛い」と言われる理由はレーザー光と毛根などが反応して生じる「熱」によるもの。この熱が周辺の皮膚などにも伝わり、痛みとして感じるのだそうです。特に医療脱毛ではパワーの強いレーザーを使用するので、反応時の熱も強く、痛みを感じやすいと言われています。

医療脱毛とエステ脱毛、どちらが痛いの?

一般的なエステ脱毛は、「フラッシュ脱毛(光脱毛)」と言われる方法を採用しています。光を当てることで発毛組織を破壊して毛が生えてこないようにする点では、レーザー脱毛と仕組みは同じです。ただし、医療行為として認められているレーザー脱毛と比べると、光脱毛は照射するエネルギーが弱いので、脱毛効果も劣ると言われています。

一方で出力するエネルギーが低い=肌や発毛組織に対する刺激も弱いので、エステ脱毛の方が痛みが少なくなるようです。痛みを伴う可能性があっても確実な効果を求めるか、即効性は期待できないが痛みが少ないエステ脱毛がいいのか、選択する上では大切なポイントになりそうですね!

医療脱毛は痛くても効果あり?実際の口コミをご紹介!

医療行為として認められているレーザー光を使用できるので効果が高いと言われている医療脱毛ですが、本当に効果は実感できているのでしょうか?実際に体験した方の口コミを見てみましょう。

やはり、痛みはあるけど効果を実感している人が多いようです。また、医療脱毛は照射するエネルギーも強いので、比較的はやく効果を実感できたという人も多くいました。

医療脱毛で痛みを感じやすい人ってどんな人?

医療脱毛で実際に痛みを感じやすい人には、どんな特徴があるのでしょうか?ここでは、医療脱毛で痛みを感じやすい人の特徴をご紹介します。

<医療脱毛で痛みを感じやすい人の特徴>毛深い

医療脱毛は黒色に反応するレーザーを照射して、発毛組織そのものを破壊する方法です。そのため、反応する色素が濃ければ濃いほどレーザー光と毛のメラニン色素が反応して強い熱が生じます。その結果痛みも感じやすいので、毛深い人は痛みが強くなりやすいと言われているのです。

<医療脱毛で痛みを感じやすい人の特徴>日焼け肌

日焼けにより一時的に炎症を起こしている肌は、とてもデリケートな状態です。そのため、レーザーなどで強い刺激を与えると、肌トラブルを引き起こしてしまうことも…。
また日焼けにより肌のメラニン色素が増えると、医療脱毛のレーザーと反応して熱を持ってしまうため、痛みを感じやすいのだそうです。

クリニックによっては施術日間近に日焼けしたり、過度に日焼けしている状態だった場合、施術自体をお断りしているところもあるようでした。

<医療脱毛で痛みを感じやすい人の特徴>敏感肌・乾燥肌

敏感肌や乾燥肌の人は、肌のバリア機能が低下しているため肌自体が敏感になっている状態です。そのため、レーザーなどで強い刺激を受けると、そのぶん痛みを感じやすくなります。また、痛みだけではなく肌トラブルを引き起こすリスクもあるので、レーザー脱毛の施術期間中は保湿などのお手入れを徹底するようにしましょう。

<医療脱毛で痛みを感じやすい人の特徴>生理中

生理中は、どうしてもホルモンバランスが乱れがち。生理になると肌荒れしやすい方も多いのではないでしょうか?生理中は、ホルモンバランスの関係で肌が敏感になってしまうので、痛みを感じやすいようです。また肌のコンディションによっては、レーザーなどの強い刺激を与えた結果、肌トラブルを引き起こしてしまうことも。
クリニックにもよりますが、VIO脱毛以外は生理中でも施術可能と案内しているところも多いようです。ただし、不安であればあらかじめ生理日を避けて予約を入れたほうが安心ですよ。

医療脱毛は部位別で痛み異なる?リアルな口コミもご紹介!

脱毛箇所によって、毛や毛量、肌の状態はさまざま。ここでは、それぞれの部位別に痛みの感じ方を実際の口コミと一緒にご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

<医療脱毛の痛み>VIOや脇

医療脱毛の中でも特に人気なのが、デリケートゾーンのVIOと脇の脱毛です。VIOとはVライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門の周り)のことで、アンダーヘアの総称でもあります。この部分は、全身の中でも特に毛が太い・濃い・毛量が多いので、コンプレックスを感じる人も多いですよね。VIOや脇毛は、他の部位と比較してレーザーが反応しやすいので痛みを感じやすいそうです。

実際に体験した人の口コミを見ると、「針で刺されるような痛み」「焼けるような痛み」と表現している人が多くいました。毛の色素が濃い分、レーザーと反応した時の刺激も大きいようです。

ちなみに同じVラインでも、お腹に近い部分は痛みを感じにくく、Iラインなど粘膜に近く皮膚が薄い部分に近くにつれて痛みが増えるそうですよ。

<医療脱毛の痛み>腕や脚

個人差はありますが、腕や脚はもともとそこまで毛が濃くない部位なので、VIOや脇に比べてたら痛みが少ないようです。実際、「ゴムで弾かれたような痛み」と表現している人が多くいました。ただし、関節の近くやスネなど皮膚の薄い部位は、刺激が強く現れるので痛みも感じやすいみたいです。

腕や脚は、産毛も多い部位。エステ脱毛では、産毛まで無くすことは難しいのですが、医療脱毛であれば産毛まで脱毛することが可能なので、そういった目的で腕や脚の医療脱毛を行なっている人も多くいました。

<医療脱毛の痛み>顔などの産毛

エステ脱毛と異なり、細く薄い毛まで脱毛することができる医療脱毛は、産毛などを完全に無くしたい人にもオススメです。実際のところ、顔などの産毛の処理を目的として医療脱毛を選ぶ人も多いのだとか。
いっぽうで、脱毛箇所の皮膚が薄かったり骨に近かったりすると、強い刺激を感じてしまうようです。人によっては、かなりの痛みを伴うことも…。実際に体験した人の口コミをみてみましょう。

顔などの皮膚が薄い部分は、ゴムで弾いたような刺激を感じる人が多いようです。また、皮膚が薄い分、脱毛後に赤みが出てしまうことも。クリニックにもよりますが、レーザーの出力を弱めたり、照射後すぐに冷却ができる機器を使用することで、痛みや刺激を減らす工夫をしているところもあるようです。

何れにせよ皮膚が薄い部分はデリケートな部位でもあるので、しっかりと保湿や冷却などケアをしてあげるようにしましょう。

医療脱毛の痛みの対処法はあるの?

ここまでは、医療脱毛を受けるときに生じる痛みについて説明しました。やはり、パワーが強いレーザー脱毛で効果を得るためには、ある程度の痛みを覚悟する必要がありそうです。ここからは、そんな痛みを和らげる対処法についてご紹介します。

<医療脱毛の痛みの対処法>麻酔クリーム

クリニックによっては、麻酔クリームを処方してくれることも。麻酔クリームを施術部分に塗って30分ほど置きます。そうすることで皮膚の感覚自体を麻痺させて、痛みを和らげるようです。実際に麻酔クリームを使った人の口コミを見てみましょう。

<医療脱毛の痛みの対処法>笑気麻酔

同じ麻酔でもクリームではなく、鼻から吸引する「笑気麻酔」という麻酔もあります。この笑気麻酔は、吸引してから数分後にお酒で酔った時のような、ふわふわと心地良い感覚になるそうです。もちろん医療用として認められたガスなので、身体に大きな負担をかけることもありません。さらに、鼻から専用マスクを使用して直接吸引するので、麻酔クリームよりも即効性が高いと言われています。
笑気麻酔にはリラックスさせてくれる効果もあるので、施術の不安や緊張をほぐす方法としてもオススメのようです。

一方で、麻酔をしても痛いものは痛いという意見も。やはり医療脱毛による痛みは体質や毛の状態によるので、不安であればカウンセリング時に聞いてみましょう。

<医療脱毛の痛みの対処法>保湿

お肌の状態が敏感であればあるほど、刺激を受けやすいので痛みも感じやすくなります。また、炎症や肌トラブルを引き起こしてしまう原因にも。まずは、土台となるお肌がしっかりしていなければ、せっかくの脱毛も台無しです。日頃の保湿ケアはもちろんですが、生活習慣や体調管理も含めて、きちんとケアしてあげるようにすると安心です。

<医療脱毛の痛みの対処法>痛み止めの市販薬を飲む

どうしても痛みを我慢できない、けど、麻酔は抵抗があるというときは、ロキソニンなど市販の鎮痛剤を活用するというのも方法の一つです。もともと鎮痛剤は、痛みの原因物質そのものを作りにくくして、解熱・鎮痛効果を発揮してくれるもの。実際に医療脱毛の痛みを和らげるために、ロキソニンを活用している人もいました。

<医療脱毛の痛みの対処法>クリニックの機械で選ぶ

最近では色々な脱毛機器があるため、クリニックによっても使っている機器はそれぞれ異なります。例えば、レーザー照射後の熱をすぐに抑えるように、脱毛と同時に冷却ができる機械なんかもあるようです。また痛みなどの刺激は、機械の性能だけではなく施術を行うスタッフの技術にもよることも。各クリニックによって、それぞれ痛みへの対処法も異なるので、カウンセリング時に聞いてみるのも良いでしょう。

<医療脱毛の痛み>クリニック別の口コミをご紹介!

クリニックによって、痛みはもちろん脱毛方法やアフターケアはさまざま。ここでは、医療脱毛を行なっている主なクリニックについて、実際に医療脱毛を経験した人の口コミをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!

湘南美容外科の口コミ

アリシアクリニックの口コミ

ブランクリニックの口コミ

医療脱毛が向いている人or向いていない人

医療脱毛が向いている人、医療脱毛ではなくエステ脱毛の方がオススメな人など、それぞれタイプがあると思います。ご自身はどちらのタイプなのか、ぜひ参考にしてみてください。

医療脱毛が向いている人

医療機関での使用が認められるほどのレーザー光で脱毛を実現するので、当然、施術箇所や毛の状態によっては強い痛みを感じることがあります。また、専門的な医療機関で行う施術ですが保険適用外のため、エステ脱毛に比べて費用が高い場合が多いです。
ただし、そのぶん脱毛効果が現れるまで早く、確実にムダ毛をなくすことが期待できます。
また、エステ脱毛では実現できない産毛脱毛や永久脱毛は、レーザーのパワーが強い医療脱毛だからこそ実現することが可能です。

まとめると、以下の条件が当てはまる人は医療脱毛が向いていると言えるでしょう。

・痛みを我慢できる
・お金をかけてでも早く確実に脱毛したい
・産毛すらも永遠に生えてこないようにしたい

医療脱毛が向いていない人

最速で確実な脱毛効果が期待できるのは医療脱毛ですが、人によっては麻酔をしても強い痛みを感じることもあります。また医療機関で認められるような専門機器を使用して脱毛を行うので、施術費が高額になる場合も。産毛まで処理しなくても、そこそこお手入れが楽になれば良い場合は、エステ脱毛でも十分な効果を感じることができますよ。

医療脱毛ではなく、エステ脱毛でも十分な人は以下のとおりです。

・強い痛みを我慢できない
・完全に毛を無くさなくても、お手入れが楽になる程度であればOK
・脱毛にあまりお金をかけられない

医療脱毛で痛みや炎症が続く時の対処法

パワーが強い分、痛みや炎症が伴いやすい面もある医療脱毛。施術による痛みや炎症が続く場合は、必ず医療機関で見てもらうようにしましょう。医療脱毛を提供しているクリニックには、常駐の医師や看護師がいます。万が一、肌トラブルになってしまった場合は、施術をしてもらったクリニックに早めに連絡して、相談するようにしましょう。

まとめ

施術場所や毛の状態にもよりますが、医療脱毛をする時に「痛み」があることは覚悟した方が良さそうです。ただし、それぞれのクリニックによって、脱毛方法だけではなく痛みの対処法やアフターケアの体制が異なるので、カウンセリング時にきちんと確認しておきましょう!一度脱毛してしまうと後のお手入れがとても楽になるので、ぜひ、検討してみてくださいね♪

医療脱毛についてもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒おすすめ医療脱毛ランキング|選び方のポイントを整理してみました