医療脱毛の基礎知識

医療脱毛は効果がない?効果はいつから実感できるか全力調査!

脱毛をしたいけれど「本当に効果があるの?」と疑ってしまいませんか?通っているのにも関わらず、毛が生えてきてしまっては意味がありませんよね。

脱毛には、医療脱毛やサロン脱毛、家庭でおこなうセルフ脱毛など種類がありますが、1番効果的なのは「医療脱毛」です。

そこで今回は医療脱毛の効果やで永久脱毛までの回数など、詳しくご紹介します!

【この記事で分かること】
・医療脱毛の効果
・永久脱毛になるまでの回数
・脱毛の効果を高める方法

医療脱毛の効果とは?

まずは医療脱毛の効果についてご説明します。永久脱毛といわれていますが、本当に1本も生えてこないのでしょうか?

 

医療脱毛の効果とは

医療脱毛は「レーザー脱毛」とも呼ばれ、サロン脱毛の「光脱毛」よりも1回あたりの照射力が強く、毛の反応も高いです。

導入されているマシンは異なりますが、レーザー脱毛も光脱毛もメラニン色素(毛の黒い部分)に反応する施術方法が主です。そして医療脱毛は医師がおこなう「医療行為」に該当します。
医師の高度な技術と知識によって、照射力が強い施術がおこなえるため、医療脱毛はサロン脱毛よりも効果的といわれているのです。

 

医療脱毛は永久脱毛が可能?

医療脱毛をすれば、毛が生えてくることはほぼありません。ほぼ、というのは医療に「絶対」は存在しないからです。詳しくはのちほどご説明しますね。

ではなぜ永久脱毛が可能かというと、医療脱毛は毛根の細胞を破壊できるからです。これは医師資格を持つ者しかできません。
毛根を破壊、つまり毛の源になっている部分がなくなってしまえば当然生えてくることができませんよね。

サロン脱毛は、エステティシャンがおこなっているため毛根の細胞を破壊できません。したがってエステ脱毛のおこなっている施術を正確にいうならば、脱毛ではなく「減毛・除毛」です。毛が生えてくる周期を長くしたり、薄く細い目立たない毛にするのです。

  

毛が生えてくる可能性もわずかにある

先ほど「医療脱毛には絶対がないため、ほぼ生えてこない」とご説明しましたが、これは体調の変化により再発する可能性もあるからです。
ならばなぜ「永久脱毛」といわれているのか不思議ですよね。
日本は医療脱毛の定義がありません。しかし厚生労働省に類似するアメリカのFDAという機関では「施術3回(6か月後)に、2/3以上の毛が減少し、長期的に安定していること」を医療脱毛と定めています。

このアメリカの定義を参考にし、日本では医療脱毛は永久脱毛といわれているのです。
サロン脱毛では施術3回では2/3以上の毛が減少することが難しく、不安定な状態なため、永久脱毛とはいえないのです。

医療脱毛が効果ない理由は?

効果的な医療脱毛ですが、一部では「医療脱毛は効果がない」との声もあります。ほとんどの人が実感できる中、なぜそのような声があがるのでしょうか?
その原因を探ってみました。

 

医療脱毛は生えてこないと気づく前に諦めてしまった

医療脱毛といえど、施術を1回おこなっただけでは効果を実感しにくいでしょう。今生えている毛があなたのもつ全ての毛ではありません。毛には毛周期というサイクルがあり、成長前の毛も皮膚下に存在します。脱毛は成長していない毛には反応しないため、この毛は生えてきてしまいます。

したがって、1回では実感がしにくいのです。また、毛の太さや濃さ、部位によっては反応がにぶく、回数を重ねることで効果を高めていきます。

1回だけでは多くの方が効果を感じにくいので、1回で諦めずに!最低3回以上は通うことをおすすめします。

 

肌の色が濃い

レーザー脱毛はメラニン色素(黒い部分)に反応するとご説明しました。肌の色が濃いということは、メラニン色素が多い状態でもあります。
毛だけではなく、肌やホクロ、傷などの黒い部分に反応をしてしまうため、照射力が肌に分散します。そのため毛根まで届きにくくなるので脱毛効果が低いといわれています。

ホクロや傷の場合は、その部分を避けて照射することが可能ですが、肌全体があまりにも濃い場合はヤケドをしてしまう恐れがあり、施術を断られてしまうことが多いので日焼けには注意しましょう。

 

毛の色素が薄い

肌の色と同様にメラニン色素が関係しており、毛の色素が薄い場合、効果が軽減してしまします。照射レベルを上げてもらう、回数を増やすなどの対策を医師と相談してみてくださいね。

 

妊娠した

妊娠してしまった場合、脱毛を続けていいのかも悩みますよね。また施術後に妊娠が発覚して不安になる方もいるかもしれませんね。

まず、妊娠が分かった時点で脱毛は受けられません。どの医療クリニックでも妊娠時の施術は断っています。

妊娠することでホルモンバランスが崩れ、脱毛効果が薄まります。またとてもデリケートな時期です。肌の乾燥や炎症を起こしやすく、今までは感じていなかった施術の痛みも感じやすくなります。
炎症を起こしてしまっても安易に薬を飲めない時期ですし、痛みによるストレスは母子ともに悪影響です。

無理して効果の少ない1回分をおこなうよりも、出産後落ち着いた頃に1回をおこなった方が効果的です。体調を第一に考え、いったん休止しましょう。

また、施術後に妊娠が発覚した場合もあるかと思います。レーザー脱毛はメラニン色素に反応します。体内に透過はしませんので、赤ちゃんへの影響ありません。慌てずに医師に報告しましょう。

 

日頃のケアを怠っている

日頃のケアはしっかりとできていますか?乾燥している肌はレーザーの光が届きにくく脱毛効果を弱めるため、脱毛前後だけでなく日々の保湿をしっかりおこなっていきましょう。

とくに脱毛後の皮膚下には熱が蓄積されているため乾燥しやすく、傷や炎症が起こりやすくなっているので保湿は入念に。炎症を起こすと効果が薄れるだけでなく、たとえ治癒していても傷跡として黒く残っていれば次回の施術を避けられてしまいます。

医療脱毛の効果はいつから?実感できる回数

1回では実感しにくいとご説明しました。では何回ならば、脱毛効果を実感できるのでしょうか?
通うならばしっかりと効果を出したい反面、多く見積りすぎてムダな料金を払いたくもないですよね。みていきましょう。

 

脱毛のメカニズム「毛周期」

回数を知る上で大事になるのが脱毛のメカニズム。これには毛の生え変わりである「毛周期」がとても関係していきます。

毛周期は大きく分けて、「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分かれます。部位や個人差によってサイクルの時間軸が違うのですが、だいたい「2〜3か月」で回っています。
脱毛は成長期の毛のみに反応するため、2か月〜3か月に1回のペースでクリニックに通う必要があります。

 

医療脱毛:1〜2回の効果

全く効果がないわけではなく、ポロポロと抜け落ちる毛も見られますが脱毛の実感としてはとても薄いでしょう。自己処理はまだ必要なレベルです。
個人差はありますが、ほとんどの方が1〜2回では効果が薄いので焦らなくて大丈夫。継続して効果を高めていきましょう!

 

医療脱毛:3〜4回の効果

もともと毛が細い部分はほとんど脱毛され、毛が濃い部分は薄くなっているのを目で見て実感できるレベルになってきています。まだ自己処理は必要ですが、脱毛を始める前に比べると断然に楽になります。自己処理をおこなう日数もあくので時間にも余裕が生まれますよ。

 

医療脱毛:5〜6回の効果

5〜6回目に入ると、自己処理もほとんどいらないぐらいにツルツルな肌になります!多くの脱毛クリニックが5〜6回数制プランを出しているので、大半の方が満足できる回数とも考えられます。
せっかく医療脱毛をおこなうならば、最低でも5回は受けておきたいですね。

 

医療脱毛:7〜8回以上の効果

7〜8回にもなると、毛1本を探すのも大変なぐらい肌から見当たりません!医療に絶対はありませんが、毛根やバジル領域(毛の生成細胞をうみだすところ)もかなりのダメージを受けているので、再生も難しく永久脱毛と断言できるぐらいの効果です。

医療脱毛の回数は何回がベスト?部位別の効果・体験談を徹底調査脱毛にはいろいろな種類がありますが、最も効果があると言われているのが“医療脱毛”です。 そんな医療脱毛を受けようと検討されている...

 

医療脱毛の効果には個人差がある

ご紹介した回数は平均値であるため、目安としてお考えくださいね。毛質や量だけでなく、肌の色や痛みへの敏感さなど回数を左右する要素は多くあります。しっかりとカウンセリングをおこない、適切な回数を医師と共に相談しましょう。

医療脱毛の効果を高いものにするために

回数制プランならば限られた回数の中でできる限り毛をなくしたいですし、無制限の脱毛プランならばなるべく早く脱毛を終わらせたいですよね。
医療脱毛の効果を高いものにするために、工夫やひと手間を加えるだけで、キメの細かいツルツルな肌を早くゲットすることができますよ!

 

シェービングは1〜2日前に終わらせる

脱毛当日のシェービングは控えましょう。シェービング直後は肌が弱っています。そこへレーザーが加わると、肌を痛めつけてしまい効果も軽減。

さらに毛の長さが全くないと反応もにぶくなってしまします。毛の長さは「0.02~0.05mm」がベスト。反対に長すぎてしまっては、ヤケドの原因になり危険です。最低でも1mm以下にしておきましょう。

背中やうなじなど、届かない部分はクリニックでシェービングをおこなってくれますよ。別途料金かかる場合があるので、カウンセリング時に確認しておきましょう。

 

カミソリや毛抜きの自己処理はNG

カミソリや毛抜きでの処理は肌を痛めつけてしまい、乾燥を起こしやすくします。さらに、毛が皮膚下に埋まってしまう埋没毛になりかねません!
基本的に埋没毛は自然治癒されますが、再発を繰り返すと化膿や色素沈着してしまい脱毛できなくなる恐れも。
その点、電気シェーバーなら肌に優しくトラブルからも避けることができます。定期的に刃を替える必要がありますが、カミソリよりも交換頻度は低いのでコスパの面でも優秀ですよ!

 

脱毛中の日焼けはNG

照射はメラニン色素に反応するため、肌が濃くなるほど毛に作用するはずだったレーザーが分散しやすく、効果は薄くなってしまいます。あまりにも焼けてしまっていると痛みも増し、肌トラブルも起こしやすいため施術ができない可能性も。

また、脱毛直後の日焼けは特に注意。施術によるダメージにより肌が弱くなっており、乾燥や赤み、シミなどの肌トラブルが起きやすい状態です。

施術可能な日焼け具合でもメラニン色素は少ない方が効果的なので、年中日焼け対策をしっかりとおこないましょう。

脱毛後の運動やアルコール、汗をかく行為は控える

脱毛直後は皮膚下に熱が蓄積されている状態です。このときに運動したりやアルコールを飲めば体温が上がり赤みやヤケドの原因になります。
さらに、汗をかくことで毛穴に雑菌が入り込み炎症を起こしてしまいます。タオルや衣類の摩擦にも弱いので、汗をかかないよう注意し清潔な肌を保つことで効果を高めてくれますよ。

 

施術当日はシャワー

清潔に保つならば、入浴は効果を高めてくれそうですよね。しかし、体温を上昇させてもいけません。施術当日の入浴は避け、シャワーで優しく肌を洗い清潔にしましょう。
翌日も赤みや火照りがある場合は入浴を避けてください。自分の肌と向き合うことが大切です。

 

保湿をしっかりとする

乾燥は肌トラブルの元。しっかりと保湿をし、体内を潤わせましょう。潤っている肌はレーザーの通りもよくなり、照射のレベルも上げやすく脱毛の効果も上がります。

さらに肌質も向上し、紫外線や雑菌から肌を守ってくれます。ターンオーバーも促進され、キメやハリのある肌にも繋がります。発毛環境も改善されるので、毛穴のたるみや埋没毛からも回避できますよ。

 

生理中は避けるのがベスト

生理中でも、VIOや顔を避けた部位の施術は可能です。しかし女性ホルモンの乱れから脱毛効果が低くなってしまいます。
また普段は平気だった痛みを感じてしまう場合もあり、照射レベルを下げることになるので、さらに脱毛効果を下げてしまいます。

生理が予約日と被ってしまいそうならば、早めに予約変更を行うのがベストですよ。

医療脱毛の効果は痛みで決まる!?

医療脱毛は痛い、と聞いたことがありませんか?激痛に耐えなければ脱毛ができないのか…と不安になるかもしれませんが、痛みを回避する方法はきちんと用意されています。
痛みについてみていきましょう。

 

脱毛サロンに比べると痛みはある

医療脱毛の方が、1回あたりの照射力が強いため痛みを感じやすく、少なくとも痛みは伴います。
しかしその分、サロン脱毛よりも少ない回数で完了することができ効果的。サロン脱毛で効果を実感できなかった方が医療脱毛へ変更することも多いのです。

 

痛みの対策

痛みを伴うとはいえ、耐え続けなくても大丈夫。医師に相談し照射レベルを下げてもらうことで緩和できますし、麻酔を使用することも可能です。

【麻酔の種類】

・笑気ガス:鼻に器具をつけ吸入します。酔ったときのようにフワフワとします。
副作用はなく、医師が確認しながらガスの濃度を変更してくれます。

・麻酔クリーム:塗布タイプの麻酔です。麻酔効果がでるまでに30分かかるため、施術前に申し出る必要があります。
クリームの成分に対してアレルギーをもった方は副作用が出てしまう場合も。医師がしっかりとカウンセリングをおこなってくれるので、痛みに弱い方は相談してみましょう。

麻酔は3,000円ほどの別途料金がかかってしまいますが、照射レベルを下げると脱毛効果を薄めてしまい、追加で施術回数を増やすことになるかもしれません。麻酔をして1回の照射力を高めたほうがお得にできそうですね。

まとめ 医療脱毛は効果的に早く脱毛ができる

今回は「医療脱毛は効果がある?永久脱毛できるまでの回数は?」についてご説明しました。

医療脱毛はサロン脱毛よりも効果が高く、通院回数も半分以下で完了することができます。多くの方が5〜6回で満足できる効果を実感されていました。2か月に1回のペースで通うため、1年後にはキメの細かいツルツル肌をゲットできますね!

日頃のケアが少しめんどくさいと思うかもしれませんが、自己処理の時間が徐々に軽減され、時間を有効活用することができますよ。急な誘いがあっても毛を気にせず遊びにいけますし、背中があいた服や素足を見せる短パン、ビキニなど、着られる服や水着のバリエーションも増えるので、ファッションも海なども楽しめそうですね。
これで1年後にはもっと魅力的な新しい自分になれます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。