脱毛パーツ別

VIOの医療脱毛を徹底解析!おすすめのクリニックと経験者のリアルな口コミ

体の中で特に毛が濃く毛量が多い部位といえば「VIO」。この部位に関しては、コンプレックスを持っている人も多いのではないでしょうか?人目に触れる部分ではありませんが、いざという時のことを考えると、キチンと処理しておきたいですよね。

実際「VIO」は、医療脱毛でもかなり人気の部位になります。また、「自己処理したくてもやり方が分からない」「剃ってもすぐ生えてくるし、剃った分より毛が濃くなった気がする・・・」こうしたお悩みを抱えているかたも多いようです。

VIOの医療脱毛とは!?実際はかなり痛い?

VIOは光脱毛よりも、パワーが強く効果が出やすい「医療脱毛」を検討している人が多いようです。ただ中にはパワーが強い分、痛みも強いという体験談も•••。実際はどうなのか、チェックしてみましょう。

医療脱毛の痛みについてもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒医療脱毛の痛みはどれくらい? 経験者のリアルな口コミをご紹介!

VIOとはどこの部位?

VIO脱毛という単語はよく聞きますが、体のどの部位を示しているのでしょうか?詳しくご紹介します!

・Vライン
 Vラインはビキニラインと言われ、デリケートゾーンの両サイドである両足の付け根部位を指します。クリニックにもよりますが、正面から見たときの三角ゾーン全体をVラインと呼ぶところもあるようです。下着を履いた時に、毛がはみ出てしまう部分はまさにVラインですね。

・Iライン
 IラインはVラインのさらに奥にある、両足の付け根部分にそった陰部の両サイドのことです。この部位は、デリケートゾーンの中でも特にムレやすい部位になります。

・Oライン
 Oラインとは粘膜を除いた肛門周り、つまりお尻の穴の周辺のことを指します。デリケートゾーンの中でも、特に自己処理が難しい部分ですね。

Vラインで効果を感じるまでの回数と期間は?

下着や水着を着用した時に、毛がはみ出やすい部分でもあるVライン。特に毛根も太く、剃ってもすぐに生えてきてしまうのが悩みです。このVラインを医療脱毛したら、どのくらい回数を通うと効果を感じることができるのでしょうか?

個人の毛質やサロンにもよりますが、だいたい3〜5回ほどで効果を感じられるようです。約8回以上通うと、産毛もなくなってツルツルになり、永久脱毛に近い状態になる人が多いとのこと。

ちなみに医療脱毛を3ヶ月に1回行うとすると、効果を感じるまでに約半年ほど、ツルツルの状態にするまでには1年半の期間をみておいたほうが良さそうです。ただし、脱毛の効果には個人差があるので、必要な回数や期間は事前のカウンセリングで相談しておきましょう。

Iラインで効果を感じるまでの回数と期間は?

デリケートゾーンの中で一番ムレやすい部位である「Iライン」。特に女性は月に1度生理がありますが、Iラインを脱毛してから生理の時の不快感が減ったという声が多くありました。

IラインもVラインと同じく毛質が濃い部分。効果の感じ方も、3〜5回ほど通って効果を感じるケースが多いようでした。産毛まで無くしてツルツルにしたい場合は、約8回以上は通った方が良さそうです。

効果がでるまでの期間も同じく、3ヶ月に1回のペースで医療脱毛を行うとすると、効果が感じられるのが約半年ほど、1年半である程度はツルツルの状態を目指すことができるでしょう。ただし、IラインはVラインに比べて効果がでにくかったという声も多くみられました。

Oラインで効果を感じるまでの回数と期間は?

お尻の穴の周辺であるOラインは、自己処理が一番難しい部位。普段は見ることもないので意識しないかもしれませんが、確実にムダ毛は存在するのです。できるものなら、脱毛で全て無くしてしまいたいですよね。

OラインもVやIラインと同じく、3〜5回ほど通って効果が感じられる、8〜10回以上通ってツルツル感を感じられる場合が多いようでした。 期間も同じく3ヶ月に1回のペースで医療脱毛をすると、約半年から1年半で効果を実感できるようです。

Vラインにに比べて、毛質が薄そうなOラインですが、なぜ同じ回数必要なのでしょうか?理由は、Oラインは色素沈着が比較的強い部位だから。レーザーの照射による皮膚トラブルを避けるために、Vラインに比べて弱めのパワーで照射することが多いようです。これはOラインだけではなく、Iラインも同様です。
一刻も早くムダ毛を処理したい気持ちはありますが、一番大切なのはトラブルなくキレイなツルスベ肌にすること。クリニックの施術方法をきちんと守るようにしましょうね。

相場はいくら?

効果を実感するまでに、個人差はありますがだいたい半年〜1年半ほどかかるVIOの医療脱毛。いったい費用はどれくらい必要なのでしょうか?

クリニックや契約プランにもよりますが、相場観としてはだいたい効果を実感できる5回くらいで5〜10万円、ツルツルを目指せる8回くらいで10万円以上のところが多い印象でした。ただし、クリニックによってはモニター価格やキャンペーン価格などを設定しているところもあるので、VIOの医療脱毛をお得に受けたい方は比較サイトなどで調べてみることをオススメします!

コース以外にオプションが必要なクリニックも

VIOは医療脱毛の中で、特に痛いと言われている部位。毛質や毛量が濃いため、パワーの強いレーザーを当てるとその分痛みも強く感じてしまうそうです。クリニックによっては、オプションでクリームの麻酔や吸引するタイプの麻酔を用意しているところもあります。

麻酔の金額はだいたい1箇所3,000円(税別)のクリニックが多いようです。ただし各クリニックによって金額が異なるのはもちろん、麻酔無料のサービスなどもあったりしますので、事前に確認しておきましょう。

また医療脱毛を受ける時は、事前に自己処理をしてから施術に臨むのが一般的です。この自己処理を忘れた場合、オプションで剃毛代が発生するクリニックもあります。料金は麻酔と同じくだいたい3,000円(税別)前後ほどのクリニックが多い印象です。こちらも合わせて確認しておくようにしましょう。

Vラインの形はどうする?

IやOラインは人目に触れる部位ではないので問題ありませんが、気になるのはVラインのデザイン。完全に毛を処理してしまう「ハイジニーナ」脱毛もありますが、温泉などの公共施設に行った時に気になるという方も多いと思います。ここでは、Vラインのデザインにはどんなものがあるのかご紹介しますね。

・ ナチュラル系
 一番人気が高いのは、ナチュラル系という自然な逆三角形のデザインです。元の形からひと回り〜ふた回りほど小さくしたような自然な形なので、迷った場合はこちらを選んでおくと安心です。

・デザイン系
 おしゃれな形にこだわりたい場合は、楕円形の「オーバル」や四角く残す「スクエア」、指1〜2本分だけ残す「Iライン」なども人気の形です。もっとこだわる方だと、ハートの形にする人もいるのだとか。
 ただし、永久脱毛になってしまう医療脱毛は一度脱毛すると毛が生えてこないので、デザインを選ぶときは後悔がないようにしてくださいね!

・ハイジニーナ
 全くの無毛状態にすることを「ハイジニーナ脱毛」といいます。水着も下着もデザインを選ばないので、ファッションを楽しむことができると人気のデザインです。
 また、下着の中の通気性が確保されるのでデリケートゾーンを清潔に保つこともでき、生理のにおいやかゆみなどの不快感も減少すると言われています。
 ただし、Vラインの凝ったデザインと同様、一度脱毛してしまうとほぼ毛が生えてくることはないので、後悔がないように選んでくださいね!

VIOの医療脱毛はかなり痛い?体験者のリアルな口コミも!

医療脱毛は毛に含まれる黒い色素に反応するレーザーを当てることで発毛組織を破壊して、毛が生えてこないようにする脱毛方法になります。そのため、毛が濃ければ濃いほどレーザー光が色素と反応した結果強い熱が発生して、強い刺激を感じてしまうのです。

中でも医療脱毛は、医療行為が認められたクリニックでのみ施術を受けることができるので、通常のエステ脱毛よりもパワーが強いレーザーを照射しています。また、VIOは全身の中でも特に毛が濃い部位なので、強いレーザーを当てた時に刺激が強く痛みを感じやすいようです。

Vラインの痛みはどれくらい?

Vラインは全身のムダ毛の中でも毛が太いので、特に痛みを感じやすい部位です。また毛量が多い分レーザーを照射する時間も長いので、痛みに耐えなければいけない時間も長く、辛く感じる人も多いようです。実際に医療脱毛を経験した人の口コミでも、Vラインが特に痛かったという声が多くありました。

Iラインの痛みはどれくらい?

Iラインも痛いですが、Vラインに比べると痛みは少ないようです。ただ、Iラインの毛もそれなりに濃いですし、Iライン付近は皮膚が薄いため、ある程度の痛みを覚悟しなければいけないようです。実際に医療脱毛を経験した人の口コミをみても、「Vラインよりは大丈夫だが、痛みはある」という声が多くありました。

Oラインの痛みはどれくらい?

痛みの感じ方や毛質にもよりますが、Oラインの痛みはVラインやIラインよりは比較的大丈夫だったという声が多くみられました。Oラインは色素沈着しやすい部位でもあるので、クリニックによってはレーザーのパワーを下げて照射しているところもあるようです。また、VラインやIラインに比べると毛も薄いので、3つの部位の中では痛みが少ないのかもしれませんね。

痛みの対処法はどうする?

全身の中でも特に痛みを感じやすいVIOの医療脱毛。痛みの対処法などはあるのでしょうか?

麻酔を利用する

クリニックによっては、麻酔を処方してくれるところもあります。麻酔には2種類あり、一つは塗るタイプの「麻酔クリーム」、もう一つは鼻から吸引するタイプの「笑気麻酔」というものです。どちらも感覚自体を麻痺させて、痛みを感じにくくする方法になります。皮膚に塗る麻酔クリームよりも、直接吸引する笑気麻酔の方が即効性があると言われています。また、笑気麻酔には緊張をほぐす効果もあるので、施術の不安を和らげることを目的として使う人もいるそうです。

痛み止めを飲む

VIOの医療脱毛の痛み対策には、「ロキソニン」などの痛み止めを服用するという方法もあります。市販の鎮痛剤は、痛みを感じる原因そのものを和らげてくれる効果が期待できるのだとか。実際に医療脱毛を行うときに、ロキソニンを飲んでいるという人も多くみられました。

当日の流れは?

いざVIOの医療脱毛を行うとき、当日までにどんな準備をしていけば良いのでしょうか?それぞれの準備はクリニックによって異なりますが、ここでは一般的な流れについて解説しますね。

当日までに準備すること

多くのクリニックが、施術日の前日までにシェーバーなどでの自己処理をお願いしています。自己処理する部位は各クリニックやプランでそれぞれ異なりますが、基本的には全て自分で処理します。ただし、Oラインなど自己処理が難しい部位は、当日スタッフが対応してくれるところもあるようです。

自己処理を行なった後は、必ず保湿をするようにしましょう。カミソリで毛を剃った後の皮膚はとても敏感で、その分刺激による痛みも感じやすくなります。また肌トラブルなどが起きやすいので、肌のコンディションはきちんと整えておくようにしましょう。

当日までに処理できなかった場合や、剃り残しが多くあった場合は剃毛代が発生するクリニックもあります。事前のカウンセリング時に、当日までにどのような状態にすれば良いか確認しておくと安心です。

正しい自己処理の仕方とは?

VIOはデリケートゾーンでもあるので、なるべく肌に負担のかからないように処理しましょう。くれぐれも、いきなりカミソリで毛を剃るなんてことがないように。また、剃るときも力を入れず、優しく毛の流れにそってカミソリを使いましょう。

1.皮膚と毛穴を温めて柔らかくする
2.長い毛はハサミで短くしておく
3.シェーバー用のクリームを塗る
4.毛の流れに沿って優しくカミソリを動かす
 ※このとき、カミソリは細かく動かしましょう。
5.デリケートゾーン専用の保湿クリームでケアする。

VラインとIラインは目視で確認できるので割と剃りやすいですが、問題はOライン。Oラインは、手鏡を使うと剃りやすいようです。手鏡を置いて、皮膚を優しく引っ張りながら、カミソリを丁寧に使って剃りましょう。

Vラインをデザインする時も全剃りする?

Vラインをデザインする時も、毛量全体を少なくするために最初の2〜3回は全照射する場合があるようです。その時は、Vライン全体を処理する必要があります。ただし、脱毛する回数は個人の毛質や毛量によりけり。事前にクリニックと相談することをオススメします。

当日の服装は?

当日は施術用のガウンが用意されているので、特に服装の指定はないようです。ただし、施術時間は決まっているので、着替えがしやすい服装が良いでしょう。また施術後は肌がとても敏感で、ちょっとした刺激で思わぬ肌トラブルになってしまうことも。なるべく刺激の少なそうな服装にするのがオススメです。

生理になった時は?

生理中は肌が敏感になるので、ほとんどのクリニックでは生理中に施術を行わないようです。よって、施術当日に生理になってしまった場合は、すぐにクリニックに連絡してその旨を伝えましょう。また予約を入れる際には、なるべく生理日と被りそうな日は避けた方が無難です。

VIOの医療脱毛後に気をつけること?

VIOの医療脱毛を受けている期間は、施術前後だけではなく日頃のお手入れがとても重要になります。肌トラブルを避けるためにも、日頃のケアは欠かさないようにしましょう。

保湿をしっかり

脱毛後はお肌がとても敏感な状態なので、少しの刺激でも肌トラブルにつながったりすることも。VIOの医療脱毛を受けた後は、欠かさずにデリケートゾーンを保湿するようにしましょう。

この時注意したいポイントが、なるべく低刺激のケア用品を使うこと。デリケートゾーンは腕や脚などとは異なります。くれぐれも全身用と同じものを使わずに、なるべく刺激の少ないものを選びましょう。デリケートゾーン専用のケアグッズなどもあるので、ぜひチェックしてみてください。

プールやお風呂、激しい運動はNG

デリケートゾーンの脱毛直後は、刺激を与えるような行為は避けましょう。肌の中でも特に敏感な部位なので、ちょっとの刺激で思わぬ肌トラブルになってしまうことも。脱毛後に控えた方が良いことについては、それぞれのクリニックから事前に説明があるので、きちんと守るようにしましょう。

VIOの医療脱毛のメリット・デメリット

VIO脱毛を医療脱毛にするとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

お手入れが楽

VIO脱毛のメリットと言えば、なんと言ってもお手入れが楽なこと。定期的に自己処理をする必要もないですし、いざという時にお手入れができてなくてどうしようと焦ることもありません。

デリケートゾーンを清潔に保てる

VIO脱毛で毛量が減ると、デリケートゾーンの通気性が上がるので衛生面もバッチリです。不快な「におい」や「かゆみ」も減るので、生理中もストレスフリーに過ごすことができますよ。

どんなファッションでも楽しめる

デリケートゾーンのお手入れがきちんとできていれば、どんな下着でも水着でも楽しむことができます。ファッションの幅が広がると、おしゃれをするのが楽しくなりますよね!

女子力が高まる

デリケートゾーンは見えない部分ですが、キレイに整えられているのとそうでない状態では、自分自身のモチベーションが変わります。女子力を高めるためには、細かいところまでケアできているという美意識を感じることが大切です。ムダ毛を無くすためにはもちろん、自分自身の意識を高めるために脱毛をしている人も多くいました。

とにかく痛い

メリットも多いVIOですが、やっぱりデメリットといえばやっぱり「痛み」。全身の中でも毛が濃い部分なので、レーザーと色素が反応した時の痛みは覚悟しなければいけません。

ただし、その痛みも毛が濃い時だけ。毛が薄くなると痛みも減っていくようなので、最初の数回を乗り切れれば後はだいぶ楽になるそうですよ。

温泉など公共施設に行きずらい

VIO脱毛するならハイジニーナにしたいけど、温泉などの公共施設に行く時に恥ずかしいから迷ってるという声も多くありました。一方で脱毛でハイジニーナにした人は、そんなこと気にならないという意見も。残すにしろ全て脱毛してしまうにしろ、ご自身が後悔しない選択をしたいですね。

VIOの医療脱毛Q&A

ここではVIOの医療脱毛に関する疑問をまとめてみました!

痔や性病でも施術できる?

クリニックの方針にもよりますが、基本的には施術をお断りしているところが多いようです。VIOの医療脱毛はレーザーによる刺激も強いので、何らかのトラブルになってしまうことも。しっかりと持病を直してから、ベストな状態で脱毛に臨むにしましょう。

黒ずみや色素沈着がある場合は?

レーザーは黒い色素に反応するために、黒ずみや色素沈着があると痛みを強く感じてしまうことも。レーザーのパワーを弱めて照射したりなど、それぞれのクリニックによってやり方があるので、カウンセリング時などに聞いてみましょう。

粘膜の毛も脱毛できるの?

クリニックにもよりますが、基本的には粘膜には毛が生えないので照射は行いませんが、境目などの毛は照射してもらえるようです。ただ、これもクリニックの方針や個人の状態によりけり。カウンセリングで確認しておくと安心ですね。

妊娠中もOK?

一般的な医療脱毛のレーザーは、体内を通って赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないそうです。ただし妊娠中はとてもデリケートな時期なので、ほんの少しのストレスでも身体に大きな負担がかかることも。施術を希望する場合は、必ずクリニックに相談するようにしてください。

匂いが気になる

施術中のデリケートゾーンの匂い、気になりますよね。ただクリニックのスタッフさんは、日々たくさんの方の脱毛を担当しています。また衛生的な理由からマスクもつけているので、そこまで気にすることはないでしょう。

脱毛しても妊娠直後に毛が生えてくる!?

中には、医療脱毛で永久脱毛してたのに出産後に生えてきてしまった!ということも。これは、妊娠や出産によって体質が変わることがあるため。ホルモンバランスの変化によって、体毛が濃くなるケースもあるそうです。こればかりは仕方がないことですよね。

VIOの医療脱毛におすすめのクリニック

ここではVIOの医療脱毛におすすめのクリニックをご紹介します!

湘南美容外科クリニック

美容医療といえば、湘南美容外科クリニック。こちらでは、2018年10月現在で3,468,229件の脱毛件数を誇る有名クリニックです。VIO脱毛施術の経験豊富なスタッフが、個人のデリケートzーんの状態に応じて最適な機械を提案してくれるので、安心して施術を受けることができます。またリーズナブルなお値段も人気のヒミツです!

・VIO脱毛(税込)
  1回 14,580円
  3回 29,800円 ※1回あたり9,933円
  6回 58,000円 ※1回あたり9,666円

アリシアクリニック

医療脱毛専門クリニックといえば、アリシアクリニック。予約の取りやすさ、クリニックでのスタッフの対応、リーズナブルな料金体系などサービス全体の満足度が高い人気のクリニックです。脱毛機器は、厳選なる審査をクリアして導入された最先端の機械、施術スタッフは厳しい研修を経た看護師のみという脱毛専門クリニックならではの安心感も人気の理由です。

アリシアクリニックは、全身医療脱毛の通い放題プランがある珍しいクリニックです。VIOは全身医療脱毛のオプションとしてプランが設定されているようです。

・全身医療脱毛5年し放題プラン(税別)
 月額8,500円(総額:396,000円)+VIO5年脱毛し放題コース90,000円

・全身医療脱毛5回プラン(税別)
 月額4,200円(総額:198,000円)+VIO5回コース45,000円

レジーナクリニック

エステ脱毛と変わらない金額で全身医療脱毛が受けられる圧倒的なコストパフォーマンスを誇るレジーナクリニック。全身脱毛は90分で完了、通常2〜3ヶ月あける脱毛期間も1.5ヶ月間隔で通えるというスピード感も人気のヒミツです。ちなに、VIOの施術時間は45分!IラインとOラインの剃毛はスタッフが無料で対応してくれるのも嬉しいサービスです!

・Vライン脱毛(税別)
  1回 15,000円
  5回 45,000円 ※追加1回あたり7,500円

・Iライン脱毛(税別)
  1回 15,000円
  5回 45,000円 ※追加1回あたり7,500円

・Oライン脱毛(税別)
  1回 13,000円
  5回 39,000円 ※追加1回あたり6,500円

VIOの医療脱毛と他の脱毛の比較

脱毛にはいろんな種類がありますが、VIOにはどの脱毛方法が良いのでしょうか?他の脱毛方法と比べてみました。

光脱毛

光脱毛は、医療行為が認められてないエステサロンなどで受けることができる施術です。医療脱毛に比べると費用が安く痛みが少ないというメリットがありますが、その分、脱毛が完了するまでの期間が長かったり、完全に永久脱毛ができなかったりすることも。
産毛までキレイに永久脱毛したい、金額が高くて痛くても早く効果的に脱毛したいのであれば、医療脱毛がオススメです。

ワックス脱毛

VIO脱毛でも有名なのが、ワックスを使って毛根から脱毛するワックス脱毛です。ワックス脱毛は、費用も安く脱毛直後はすぐにツルツルの状態を実感することができます。

ただし、ワックス脱毛は毛根組織を破壊するわけではないので、しばらくすると再び毛が生えてきてしまいます。また1回1回毛を抜くので、毛穴を傷つけてしまうことも。長い目で考えるのであれば、毛が生える機能自体を壊す医療脱毛の方が効果的でしょう。

まとめ

いかがでしたか?デリケートゾーンは人目に触れる機会は少ないですが、キレイにしておきたいですよね。お手入れがきちんとできていると、いろんなファッションを楽しめるので自分自身のモチベーションも上がりますよ!ぜひご自身のスタイルに合わせて、脱毛方法を考えてみてください。

医療脱毛についてもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒おすすめ医療脱毛ランキング|選び方のポイントを整理してみました

医療脱毛で全身脱毛したい方はコチラ
⇒医療脱毛で全身ツルツルに!全身脱毛におすすめのクリニック5選

メンズの医療脱毛についてもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒メンズ医療脱毛のおすすめクリニック!理由と注意点・エステとの比較も一緒に紹介